page top
槍沢ロッヂ

槍沢ロッヂスタッフブログ

今日のババ平

P5300037

こんにちは、槍沢ロッヂです。

今日は少し肌寒かったですが、天気もよく、ババ平まで散歩&トイレ掃除に出かけました!

 

昨日の雨は稜線では雪となっていたようですね。

振り返ると蝶槍にもうっすら雪が・・・

DSCN2179 DSCN2195

ババ平までは夏道と、デブリの雪道が交互に続いている感じです。

赤沢岩小屋辺りから凍っている箇所もありましたが、ほぼアイゼン無しで歩けます。

ババ平の様子↓奥に大きいデブリの山が見えます。

P5300039

 

土が出ている地面にテントを張れるのは5、6張りでしょうか。

P5300043

本日も散策日和

こんにちは、槍沢ロッヂです。

早朝から青空が広がり、気持ちの良い散策日和となりました。

 

ロッヂから少し下りた場所ではウツギ オオカメノキの葉が開き始め、花のガクが顔を出しています。

これから花が咲くことを考えると、楽しみですね。(白い花が咲くそうです。)

DSCN2120

 

↓ちなみに、ロッヂ周辺はまだ葉が開いていません。

ほんの少しの場所の違いで、成長の段階が随分違います。

DSCN2177

 

 

 

↓ユリ?でしょうか。

まだ葉だけなので、よくわかりません。

DSCN2129

一体どんな花をつけてくれるのか、これから大切に見守っていこうと思います。

※↑コバイケイソウだそうです。花をつけないこともある、との事。(某岳沢支配人談)

 

そして、今日のおまけ。

ついに、2mの距離で対峙することに成功!

比較的まともなイワナの写真が撮れました。

DSCN2131

 

午後から天気は崩れ、あいにくの雨。

そして明日は晴れの予報。

変わりやすいお天気にご注意下さい。

雨あがる

こんにちは、槍沢ロッヂです。

朝から雨、雷と荒れた天気の1日でしたが、夕方には落ち着きはじめて青空も見えました。

明日の予報は晴れマークがついていますので、このまま天気は回復していくものと思われます。

ただし、急な雷やにわか雨には十分気をつけて下さい。

 

さて、荒れ模様となった本日は、久しぶりに皆で小屋内の作業です。

巨大なガスコンロを磨く井出ちゃん。

P5280007 

 

二人がかりで、館内のサポート(耐雪用の柱)はずし。

P5280011

 

色々と雑多だった各種看板も、看板娘が一新。

P5280012

 

 

そして、殺伐と配管作業を進める厨房長。なんという目つきでしょう。

P5280014

…このあとカメラマンの身に何も起きないことを祈るばかりです。

日の出

こんにちは、槍沢ロッヂです。

本日はバッチリ晴れるという予報でしたので、早朝に槍の穂先を見に行ってきました。

DSCN2072

ロッヂ周辺はまだ暗いですが、槍ヶ岳はすでに日の出を迎えており、太陽の光を受けて輝いていました。

DSCN2083 

この時期の朝日は北側からえぐるように出てくるので、早い時間であれば東鎌尾根にも鮮明な陰影がつくのが印象的ですね。

そういえば、槍沢ロッヂに来てからというもの、「日の出日の入りの時刻」に関してほぼ無関心な毎日を送っていたなぁ、と思いまして。

さっそく調べてみると、今の時期は日の出が大体4時半前後。

上の写真のシャッター時間が5時20分ですので、日の出からは1時間近く経過してることになります。

 

日の出そのものを拝むことはできないですが、槍沢ロッヂ備え付けの望遠鏡を覗くと…

DSCN2029

 

「ご来光を見ている人々」を見ることはできます!

DSCN2028

かなり鮮明に見えますので、槍ヶ岳の穂先で日の出を見ている人達の興奮がそのまま伝わってきます。

はい、羨ましい限りです。

 

いつ、どこの山へ日の出を見に行こうか、そんな事を山小屋に居ながら考える毎日です。

日の出もいいけど夕日の空も楽しみで…などと考え出すと止まらないので、この辺りで終わりにします。

やまのがっこう

こんにちは、槍沢ロッヂです!

 

朝の眩し~っ日差しの中、出発の準備をすすめているのは、“山の学校/雪山の初歩(第2回)”に参加中の生徒の皆さんです。

お天気になってよかったー!

P5260166

 

P5260162  P5260173

身支度チェック!朝ごはんを食べてパワー満タンです。

「あ、望遠鏡から穂先が見えるよ!」

列をつくって、元気よく槍沢ロッヂを後にしたのでした。

♪~「ハイホー、ハイホー登山がすき~…」

 

おしまい

 

 

 

ちなみに…

こちらは第1回目の山の学校↓↓↓

IMGP1920t

 

われらが加藤Pがカメラマンとして同行し、

皆さまの勇姿をバッチリ捉えて参りました~!

 

 

P5120023

アイゼンピッケルを使っての歩行・滑落停止などの雪上訓練、穂先へのアタックなど、盛り沢山の内容。

この日もとってもいいお天気に恵まれました。キレイな青空ですね~。

 

こちらはガイドの畠山さん(通称ハタさん)。

P5130074

「いいかよく聞け、右手はこう!顔はこう!だ」

と言っているのかは定かではありませんが、すごい迫力です。みなぎるオーラがバンバンです。

 

P5130080滑落停止のピッケル使いを練習します。

雪の上では滑り出すと止まらない自分の身体を、ピッケルひとつで停止させなければなりません。

 

<本番>

P5130070「ほらほら、早く止めないと永遠に滑るぞ~」

P5130068 ぴゅぴゅーっ

 

※これはわざと滑る練習をしているところです

 

2泊3日の山の学校は無事に終了。

第2回の内容は明日の山荘ブログからお送りいたします。

乞うご期待☆

P5130061

夜の楽しみ

こんにちは、槍沢ロッヂです。

好天が続いていましたが、本日は天気が崩れ久々に雨が降っています。

 

昨晩は少々雲が出てきていましたが、きれいな夜空を見ることができました。

夏のように天の川が見えたりしているわけではないので、派手さには欠けますが、横尾尾根の上には土星と火星を抱えた春の大三角形(うしかい座、おとめ座、しし座)がひと際目立っています。

その中でもしし座は形がわかり易く、星空の中で判別しやすい星座の一つです。

↓これが「しし座」ですが、どうでしょうか? 火星が混じってるのでちょっと惑わされますが…

DSCN2035A

右側に鎌首の形をなんとなく見つけながら、その下にレグルス、左上がデネボラと辿っていくと、

 

↓こんな形が浮き上がってきます。

DSCN2035b

胴体部の細長い四辺形も印象的で、均整のとれた星座ですね。

今はちょうど南に見えていますが、これが徐々に西の地平線(笠ヶ岳方面)へ沈んでくるようになると、いよいよ夏山シーズンの始まりです。

しし座の姿が見えなくなる頃と、山小屋が忙しくなる時期とがほぼ同時期なわけですね。

そして、しし座が再び姿を見せてくれるのは、秋の小屋閉め間近の未明から早朝、東の空です。

 

そんなわけで、しし座は繁忙期とシーズン終わりという小屋の”節目”とリンクした動きをする星座でもありまして、個人的には思い入れが深いです。

これから先、ハイシーズン初めの薄暗い西の空に見えるしし座は特に美しいので、皆さんもぜひ稜線に上がった際は、探して見て下さい。

夏道散策

こんにちは、槍沢ロッヂです。

槍沢ロッヂより下の登山道は、ほぼ雪解けが進んで夏道が通行できるようになっております。

夏道のわきには、至るところ植物が顔を出し始め、道行く人を楽しませてくれます。

DSCN2022

上の写真は、ロッヂ周辺に自生しているワザビ。もうじき花が咲くようで、今からとても楽しみです。

良い香りを放っているワサビですが、国立公園内での採取は法律で禁じられていますので、皆さまご注意を。

 

 

その他、フキノトウやらスミレやらよくわからないものまで…覚えきれないほどの植物が道沿いに。

個人的な話ですが、去年まで稜線の小屋におりましたので、この辺りの標高の混沌とした植生分布に少々戸惑う毎日です。

DSCN2024  IMG_0128

 

 

夏道が出ているのは槍沢ロッヂまで。

ロッヂより上は、まだまだ「アイゼン&ピッケル必須」の雪山ですので、お気をつけ下さい。DSCN2030

岩魚(イワナ)を探そう!

DSCN2000

こんにちは、槍沢ロッヂです。

ここ数日、天候が安定しており、本日も快晴の空となりました。

天気が良いので、今日こそはイワナを撮影!と、気合を入れて、いつもより下の方まで沢沿いを降りてきました。

 

 

 

 

 

そして、短い休憩時間を浪費しつつ、なんとか遭遇に成功。

さて、どこにイワナがいるかわかるでしょうか?

DSCN1991

 

写真中央の小さな黒い物体が、正解のイワナです。

警戒心が非常に強く、離れた対岸にいても、こちらが動くと岩陰に隠れてしまいます。

そんなわけで近づくこともできず、撮影にはわりと苦戦しました。

DSCN1991a

 

実は写真中央左の濃い影の場所にもう一匹。

DSCN1998a

わかりにくいんですが、こちらのイワナはかなり大きな個体のようでした。

この淵では、これら2匹以外のイワナは確認できず。

 

 

そして別の淵で2匹。これまたわかりにくい…。

DSCN2002

 

↓クリックして赤丸部分で確認!

水の”よどみ”のせいで、写真だと輪郭がほぼ崩れてしまいますね…。

実際は、イワナに動きがあるのでそれだとわかるのですが。

DSCN2002p

次回は、もう少しマシな写真を掲載できるよう精進してきます。

 

 

そんなわけで、槍沢ロッヂ周辺にも、結構イワナはいます!

皆さんも、ふと足を止めて淵をそっと覗き込んで見て下さい。

冷たい雪解け水の中でゆらゆら揺れているイワナの姿を垣間見れるのも、沢沿いルートの魅力の1つかもしれませんね。

春の兆し

こんにちは、槍沢ロッヂです。

日中の気温が高い日が続き、いよいよ草木も芽吹き始めました。

DSCN1972

これはネコヤナギ?でしょうか。

たくさんの銀色の花穂(かすい)が付いた枝の先から、雄花が開いていますね。

徐々に、徐々にですが、ロッヂ周辺も緑が増え始めました。

 

DSCN1974

 

こちらは某F田さん曰く、「ムゾムゾ草」だそうです。

 

……。

春の陽気に完全にやられてしまっています。

 

 

 

 

上を見上げると、まだまだ雪景色。

ダケカンバの木々が緑に色づく季節が待ち遠しいですね。

DSCN1967

溶接面で金環日蝕!?

こんにちは、槍沢ロッヂです。

本日は金環日食!

時間帯がちょうど朝食後の休憩時間だったのもあり、なぜかスタッフ総出で観測です。

緯度の都合で、完全な環状にはなりませんでしたが、きれいな蝕を見ることができました。

DSCN1952

 

 

当初は、複数のサングラスを重ねて観測。

見えないこともない…という感じでしたが、光がチラチラしたり持ちにくかったりと問題がいろいろと。

より高いクオリティを求めて、試しに「溶接面」なるものを使ってみることに。

IMGP1900 IMGP1894

 

 

こちらがその溶接面。

この面についている遮光シールドが思いのほか強力で、日蝕の観測に向いていたというか。

↓おかしな人達に見えますが、我々は至って真剣です。

DSCN1958  DSCN1959

IMGP1902  IMGP1903

ちなみに、日蝕が始まってからは周りの気温が下がって少々肌寒く感じました。

光は当たってるんですが、不思議ですね。

 

撮影のほうも、溶接面のお陰で比較的うまくいったかなと。

終了後は次の日蝕のために、厳重に保管いたしました。

DSCN1953ab

 

おまけ:本日の井出ちゃん。

前日から、ひとり密かに日蝕を楽しみにしていた彼…

ご覧下さい、気合の入ったサングラスの重ね具合!

IMGP1914

ゆるーり

こんにちは、槍沢ロッヂです。

本日は曇りがちな天気でしたが、気温は比較的高く、暖かい1日となりました。

沢の上流でぼーっと水面を眺めているだけで眠くなる…そんな陽気です。

DSCN1939

いるはずの岩魚にも中々出会えず。

 

午後には、リニューアルした看板の設置作業を行いました。

IMGP1886

新人の井出ちゃんは今日も頑張っています。

 

 

槍沢ロッヂ直下の登りが少しキツくなるところに設置してあります。

この看板が見えたら、ロッヂまでほんの一息(5、6分程度)です。

IMGP1888

ソーラー取り付け作業

こんにちは! 槍沢ロッヂです。

本日は全国的に高気圧に覆われ、槍沢も例外なくド快晴の気持ちのいい天気となりました。

DSCN1900  DSCN1903

昨日の雪で、ほんのりと雪化粧した稜線が青空によく映えていました。

 

上高地まで下りると新緑まぶしい季節ですが、こちらはようやく春が始まったところ。

沢の雪解けも、やっと槍沢ロッヂの少し先まで進んだばかりです。

DSCN1907 IMGP1878

 

 

最高のお天気の中、本日はソーラーパネルの取り付け作業に入り、午後には無事終了致しました。

DSCN1935

 

土台の取り付けは、ミリ単位の精度で仕上がるよう注意を払います。

慣れた手つきで作業を進めていくスタッフ(写真右)。

FSCN1925  DSCN1931

 

 

そして本日のおまけは、新人の井出ちゃん。

高所作業に若干戸惑いながらも、頑張って作業を進めてくれていました。DSCN1912

槍見河原周辺のルートについて

DSCN1877

 

上高地-槍沢ロッヂ間の登山道はほぼ夏道が露出し始め、入山時に比べて沢の水量もだいぶ増してきました。

ただし、槍沢ロッヂ-槍ヶ岳間は、まだまだ雪の世界ですので、ご注意を。

(本日も標高2500m付近から上は雪が降っていました。)

 

 

 

 

 

さて、本日は登山道の倒木の処理作業に行ってまいりました。

横尾から槍沢方面へ40分ほど歩いた槍見河原付近にて、倒木が道を塞いでいました。

DSCN1879 

 

 

DSCN1891

又、倒木の他に落石なども多く非常に危険な状態ですので、倒木処理後にこちらの道を封鎖いたしました。

下記の河原沿いの道を歩くようお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

ロープの先には進まず、左の脇道から下へ降りるルートへ。(写真左下、赤い矢印方向。)

DSCN1894a

 

先ほどの脇道を進み、小さな橋を渡りつつ、その先の赤い紐を目印に槍見河原を通過して下さい。

DSCN1895  DSCN1889

ただし、沢が増水している場合はこちらのルートは通行不可になる可能性もあります。

その場合は、ロープを越えて上に行く旧ルートのリスクを考慮しつつ(落石など注意しながら)、お客様自身の判断にてルート選択して下さるようお願い致します。

 

 

おまけの栗原くん

IMG_2240 withデン○ーシステマ

山荘の栗原くんです。

いっぱい食べてくれてありがとう。

青空にカンパイ

こんばんは、槍沢ロッヂです!

今朝、エンジンを回しに行ったら、こんなキレイなうろこ雲が広がっていました。

IMG_0096 

雲に反射する光の陰影が、まるで西洋絵画みたいです。

低気圧から高気圧への推移が生んだ自然の神秘ですね~。

 

 

今日はほとんど一日中、昨日の雨で持ち越された、ヘリの荷上げ作業に費やされました。

IMG_2231

↑上高地から運ばれてきた荷物と、小屋から降ろす荷物をとりかえっこしています。

 

おかげさまで無事終了!

荷上げに関わったみなさま、おつかれさまでした&ありがとうございました☆

 

もんちゃんもヘリ番おつかれちゃん!

今日はゆっくり休んで、明日からまたロッヂでバリバリがんばってね。

 

おまけの加藤P

IMG_2227 「ヘリまだかな~」

こんな雨の日は

雨です。

今日は荷上げの予定日だったので、毎日週間天気予報を見ていましたが

ずーっと15日だけ変わらず雨でしたね。

そして予報通りの全国的な雨。

 

今日は冬用のサポートを外したり、

トイレ前の廊下が暗いので、電気を通す作業をしたりしました。

槍沢の職人、裸足で頑張ってます↓

IMG_0094

5月13日、快晴!

今日は快晴!

槍ヶ岳山荘の“山の学校”に参加された皆様も、

すがすがしい笑顔で下山されて行きました。

(↑いつもこういう場面で写真を撮り忘れてしまう私達・・・・・;)

 

今週末は本当にお天気に恵まれて、降りて来られた皆さん、

顔がこんがり焼けていいお色になっていました。

 

そして小屋のすぐ脇を流れる沢の音が日に日に大きくなっている今日この頃・・・

本当に、静かな槍沢(鳥達の声が本当にキレイなんです!)を楽しめるのもあと何日位でしょうか・・・?

現在、沢筋も雪が割れてきており、スキーを楽しめるのもババ平付近までのようです。

IMGP1861

↑自然の模様って不思議ですね

 

そんな今日は布団干し日和!

ひさびさにふっかふか!ほっかほか!布団の厚みが2倍です。

今日お泊りの方には気持ちよくお休みいただけるのではないでしょうか。

IMG_0081 IMG_0083

 

おまけ:雪掻きに勤しむ加藤P。

IMG_0085

きれいな青空でしたが…

こんばんは、槍沢ロッヂです!

 

IMG_2187 今日は一段と冷え込んだ上に、風の強い一日となりました。

昼間の日差しはとってもあったかかったんですけど…ね;


←こんなにお天気でしたが、

お昼前には綿毛みたいな雪が、ちらちら舞っていました。

穂先も流れの速い雲のおかげで、見えたり見えなかったり…。

 

午後になると、山頂から下山する人たちが、スキーを背負って降りてきました。

結構滑れたようでよかったですね~。

陽が出ていたので、みなさん小屋の前で道具やウェアを乾かしていました。

IMG_2185 

↑いかにも夏の雲~という感じです。もくもく。

槍沢ショッピングのお時間です

こんにちは、槍沢ロッヂです!

 

今日は朝の冷え込み&くもりの予報で、お天気は期待していませんでしたが…IMGP1871

夕方から風は強くなったものの、一日中日差しの射すポカポカ陽気となりました♪

これは、週末も期待できそう??

 

 

さて、日差しが出てくるこの時期、標高のある山の上で気になるのは…

そう。強~い紫外線ですよね。

「顔は結構こまめに日焼け止めを塗りなおすけど、汗をかく首筋はついつい忘れちゃって…」

そんなあなたにおススメなのが、ササッと手軽に首元に巻けてしかもオシャレなこれ!!

じゃじゃん☆

IMGP1873

(撮影協力:れいちゃん)

今日は、槍沢ロッヂが自信を持ってオススメする「槍沢ロッヂ オリジナルバンダナ」をご紹介します。

一枚一枚心をこめて、職人さんの手作業で刷られたこちらのバンダナ。

槍沢ロッヂでしか手に入らないオリジナルデザインで、カラーは全部でなんと…

IMGP1875 なんと…7,8,9…う~ん、数えられません!

この他にも多数お色をご用意しております。

 

~こんな声が寄せられています~

「槍のまわりの木の感じとかいいよね。個人的には、うちのバンダナが一番かわいいデザインだと思う」(従業員R)

「わかる~。色が濃いほうが柄がはっきりしててキレイだけど、新しく増えた明るい色もぜひ試してみたいよね」(従業員F)

 

さあ皆さんも、迷いに迷って自分色を見つけてくださいね☆

槍沢ロッヂの売店でおまちしてま~す!!

めまぐるしい天気

微妙なお天気が続いてますね。

今日の槍沢は 時々日が射すが曇り⇒ 小雨⇒ 雪!⇒ 青空!⇒ 雪!

めまぐるしい、です。

槍沢の雪は積もるほどではありませんが、山荘は吹雪のようですね。

布団を干しては大慌てで取り込み、完全にお天気に翻弄されてます。

IMGP1859

IMGP1848

穂先はなかなか顔を出してくれません。

 

 

IMGP1852

空に根を張る根っこ。

ピーカンお天気はまだかなー・・・

※ご注意下さい※

今日は朝から雨。

でも予想外に夕方雨があがって空が明るくなりました。

IMGP1846

 

遅くなりましたが改めてお知らせです。

館内にも張り紙をしていますが、殺生ヒュッテさんは6月中旬まで営業をしていません

槍沢ロッヂから槍ヶ岳山荘までの間、営業小屋がありませんのでご注意下さい。

IMGP1840

続かないポカポカ陽気

こんばんは!

昨日、今日と、11時頃までは晴れて暖かいのですが、

その後雲が出て、太陽の日差しが続かない槍沢ロッヂです。

 

朝、意気込んで布団を屋根に出すのですが、雲が出てきて・・・・・↓↓↓

なかなかポカポカの布団になってくれません!

 

IMGP1837

今日は行き交うお客様も少なく、久々の外茶です。

山小屋生活での贅沢品と言えば、生クリーム!!!無性に食べたくなるんですよね。

思わず笑顔がこぼれます。岳沢の野田さん、ありがとうございます!

 

手前の看板は、夏に向けて改造中!!!

もっと多くのお客様に立ち寄って頂けるよう、皆で知恵を出し合ってます。

(昼営業は14時30頃まで行ってます。)

 

 

IMGP1839

総合プロデューサーの加藤氏、頼みましたよ!!!

5月7日 月明かりの夜、そして朝

6日の夕方から晴れ間が広がり、夜はほぼ雲が取れて、満月の夜空に槍の穂先を望むことができました。

ライト無しで歩けるほどの強い月明かりが雪面を照らし、昼とは違った美しい光景が広がります。

DSCN1829

満月の光が強いため星は控え目でしたが、それでも天頂南方にはスピカ(おとめ座)、レグルス(しし座)、土星、火星など綺麗に見えていました。

これから中旬にかけて、スピカと土星の接近が見所だそうです。

 

こちらはカブト岩と北斗七星。 中央やや下に光るのは恐らく子ぐま座の頭。

DSCN1836

入山後の小屋開けからGWと、忙しかった日々も落ち着き始め、ようやく夜空を眺める余裕も出てきてほっとしています。

 

翌朝も快晴。

せっかくなので、昨日の雨の中で撮影した沢の景色を同アングルで。

DSCN1842

 

散歩の途中で見かけた落石痕の付いた斜面。

昨日は見かけなかったので、昨晩か今朝の落石でしょうか。

DSCN1839

 

屋根の上で日向ぼっこをするスタッフも。

DSCN1849

 

 

そして昨晩は県警の救助隊が宿泊。

本日早朝、落雷による遭難者の救助へと向かい出発して行きました。

雷がクサリを伝う→手を離し滑落、という事故だそうです。

DSCN1856 DSCN1868

北アルプスでは、一昨日の1日だけで去年のGWの事故者数を上回ってしまったという話も聞きました。

これから山の中は閑散期に入りますが、登山者の方にはより一層の慎重な計画・準備を心がけるようお願い致します。

5月6日、GW最終日

こんにちは、槍沢ロッヂです。

 

本日は未明から頻繁に雷が鳴り響き、午後には雨が本降りとなりました。

雨による雪解けもかなり進んできており、ロッヂから少し降りたところでも水量の増した沢がほぼ姿を現しています。

DSCN1806

午前中にそっと覗くと岩魚を見れることもあったりなかったり。

 

槍沢ロッヂ直下の沢筋も、雪の下から水が勢いよく流れ出しているのを確認できるくらいの状態になっています。

DSCN1810  DSCN1811

 

今日は雨が降っているので厨房の天井を掃除。

新人の井出君(写真左)もがんばっています。

DSCN1813

 

降り続いた雨が夕方に突然止み、青空が広がり始めました。

DSCN1817

明日は晴れの予報が出ていますが、久々に槍の穂先は顔を出してくれるでしょうか!?

‘嵐’の一日

今朝の一枚。

DSCN1782

毎年入山より除雪作業などをお手伝いしてもらっている花火職人イケメンの中村さん(写真左)

槍ヶ岳山荘より降りてきた中さん(写真中央)

休暇下山の本日誕生日!のふくちゃん(写真右)

青空の中、下山して行きました!W中村さん短い間でしたがありがとうございました!!

 

GWのピークも終わり、穏やかな天気の中、小屋内は久しぶりに静かな1日となりました。

DSCN1786

のはずでしたが…

 

 

槍沢ロッヂから少し下った辺りで事故が発生したと通報を受けました。

急遽、休暇中のスタッフも含め救助へ向かうことに。

現場は、雪が溶けた後に下層の氷が露出した登山道。

脛部の骨折ということで、ヘリによるピックアップにて救助を終えました。

IMGP1833

疲労による集中力低下などで、登山道の状態の見極めが甘くなり事故に繋がるケースは少なくありません。

自分の体力に合わせた無理のない山行計画を立てることがもっとも重要かと思われます。

 

 

さらに、午前中の青空から一転、午後2時半頃には雷音とともに激しいヒョウの嵐・・・・・

気温もグンと下がり、非常に「荒れた」状態へ。

DSCN1801 IMGP1835

ヒョウが降る前に小屋に着いた方、雷が鳴る中を駆け込むように小屋に着いた方、その他様々でした。

この季節は、不安定な天候にも注意を払いながら、安全な登山を心がけていただくようお願いします。

 

現在(18時)も雨のような、みぞれのような、ヒョウのような、、、雷と共に降り続いています。

登山道の状況も気になりますが、あしたはGW最終日!!!

文字通り‘平和’な一日となってくれるよう願うのみです。

広がる青空と

DSCN1780

こんにちは、槍沢ロッヂです。

昨晩の雨が降りそうな曇り空から一転、今朝は徐々に雲が取れ、青空の広がる気持ちのいい天気となりました。

ただし稜線上には厚い綿のような雲が乗っており、残念ながら槍の穂先はたまに顔を出す程度。

 

 

 

 

 

曇りの予報が出ていたのもあり、予想外の「晴れ」にお客様も嬉しそうに出発して行かれました。

本日はGW中のピークとなり、宿泊者の方の数も多かっただけに本当に良かったです。

DSCN1767

 

入山者が多い日といえば、やはり心配なのが事故。

本日も横尾尾根の上空を県警のヘリが飛び交っておりました。

DSCN1773   DSCN1778

晴れれば快適な登山が楽しめる春の残雪期ではありますが、あくまでも雪山。

雪の状態によっては思わぬところで体力を消耗してしまうこともあります。

慎重な計画・準備のもとに、登山を楽しんでいただければと思います。

電話不通からの復旧

こんばんは、槍沢ロッヂです!

昨日夕方より電話が不通となっておりご迷惑をおかけしました。

今朝、スタッフ2名で復旧作業に行ってきました。

 

横尾~ロッヂ間のどの箇所が断線しているのかを特定するべく下へと降りて行きます。

登山道からやや離れたところに張られている電話線を目視で確認しながら歩いていくと、大崩れの位置で断線しているのを見つけました。

DSCN1739

遠くからではわかりにくいですが…

 

DSCN1740

斜面を這い上がってみるとこんな感じで…。

見事に銅線だけ切れていました。恐らく落石が原因かと思われます。

 

落石の影響を受けにくい上方へと位置を修正するため、この区間の線を繋ぎ直しました。

下を歩く登山者に注意を払いながら接続作業を続けます。(作業者は写真中央やや右の藪中)

DSCN1752

 

なんとか作業終了。

DSCN1763

シーズン中切れない事を願うのみです。

 

朝出発した時は雨だった天候も次第に回復し、昼前には青空も少々見えました。

GW終盤は比較的安定した天気が望めそうなので、時間が空いたら写真を撮りに行きたいですね。

DSCN1742

落ちました

朝からの雨で、懸念していた屋根の雪がやっと落ちました。

IMGP1820 

 

↓4月19日入山時はこんなにたっぷりの屋根雪が・・・

IMGP1716

屋根に乗るのは危険だったため、ロープを使って手動で雪を切ってみたり、

試行錯誤してみましたがなかなか落ちず、溶けて解けて溶けて、、、、やっと!!!

 

館内には山側の雪の重みから小屋を支える筋交がたくさんあり、

お客様の行く手を阻んでいますが、もうしばらくご辛抱下さい。

IMGP1821

毎日コツコツと

今日も雪かき。

IMGP1814

外トイレ側から見た様子です。

山側の屋根にはまだまだ雪が…。

新館の屋根雪も残っていますので、横を通過するときはなるべく建物近くを通ってくださいね。

 

 

こちらは、除雪時に一命をとりとめたフキノトウちゃん。

IMGP1812 

立派にひらいてます~。

↓↓↓27日は、まだこんなだった

IMGP1757

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

このページの先頭へ