page top
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

2009年7月31日

 今日もガスの中、そんなに悪い天気ではないのですが。荷上げの日なのに・・・
昨日のうちに用意したヘリで下ろす缶やビンはまだ、シートの下。おまじないをかねてシートを剥ごうかどうしようか思案中です。
さて、写真に写るはオーストラリアから来たサリー。厨房、部屋掃除、そして流暢な日本語で売店やキッチン槍で皆さんをお待ちしています。

2009年7月30日

殺生ヒュッテさんと合同で、登山道整備を行いました。
今回はヒュッテさんの近くに残る雪渓の雪切りと、スリップしやすいトラバース部分に60mのフィックスロープを張る作業。
ここはまだ残雪が多くて雪が締まっていて、夏道が出てません。
3人で相談しながら無事に張り終わりました。
久しぶりに山荘周辺以外での作業だったため、山荘の鶴見&野田は興奮しっぱなしでした。


   (の)

2009年7月29日

お花の写真ばかりでゴメンナサイ。
ゴミ拾いをしてたら珍しい花を見つけました。
緑色のハクサンイチゲ、名前もそのまま、「ミドリハクサンイチゲ」
緑色のニリンソウはそこそこ有名で、見たこともありますが、シナノキンバイでは初めてです。
山にゴミがあることは非常に残念なことですが、ゴミ拾いをしてたおかげでこの珍しい花を見つけることが出来たので、今日だけはゴミが落ちてたことに感謝です!


   (の)

2009年7月29日

おはようございます。
天気が良かったのは昨日のお昼まで。
午後から雨とガスとなり、今朝も降っています。
お客さま用と自分達の布団を早くフカフカにしたいのですが・・・

短い晴れ間でしたが、昼休みに散歩してたらクロユリを発見しました!
山荘周辺では、昔は一輪だけしか咲いてなかったそうですが、今は群生しています。
そして今日の写真が大きい理由は・・・。
えぇ、ちょっぴり自信作だからです!!




  (の)

2009年7月28日

 やっと青空が見られました。ガスは多いのですが。
昨夜宿泊された台湾からの皆さん、朝食前に上りに行ったのですが、下りてくる頃に穂先が見え始めました。出発時にはまずまずの天気になり、燕岳へ。メンバーの1人は80歳の男性、きれいな日本語で通訳をしていただき、最後には'お名残りおしゅうございます'といって出発されました。

2009年7月27日

成城学園さんの学校登山があり、お客様の総数は少ないものの、たいへん賑やかな1日となりました。
雨の中歩き続けたためか、到着したときはさすがに疲れた表情をしていました。
しかし若さって凄いですね。
部屋案内して、着替えが終わる頃にはもう元気元気!!
さっそくラーメンやお菓子を買いに来ていました。
でも残念なことに天候が回復しなかったので、登頂することは出来ませんでした。
またいつか遊びに来て、今回見れなかった頂上からの絶景を見てください。



    (の)

2009年7月26日

写真のイケメンは今シーズンの飯炊き&味噌汁の担当、鶴見です。
最初の頃は慣れてなかったという事もあり、余裕があまりなかった彼ですが、最近は手馴れてきた感じがします。
カメラを向けると、「うまく撮ってね」と、余裕の注文。
しかし注文に応えられず、ブレた写真になってしまいました・・・

今シーズンのご飯・味噌汁の味はいかがですか?
さらにおいしく作れるように、彼は日々がんばっています!!


   


   (の)

2009年7月25日 おまけ

大曲周辺をゆっくり観察しながら歩けば会えるかもしれません♪
登山道のすぐ横で咲いてました。


   (の)

2009年7月25日

昼までに山荘に到着すれば、今日こそレインウェアを着ないで済むかな?と思いながら歩いてましたが、大曲を過ぎたあたりで降り始めました・・・
こんにちは、雨と大の仲良し、野田賢です。
無事にヘリの荷上げが終わり、さっき帰荘しました。
山荘にいない間、「雨男の野田さんいますか?」と、山荘の受付に聞いてきてくれたお客様がいたようですが、お会い出来なくて非常に残念です。

槍沢ルートの残雪ですが、大曲の手前から殺生ヒュッテさんの近くまで、まだまだ残っています。
今のところ踏み後ははっきりしていますが、凍結している箇所もありますので、残雪歩きに自信のない方は軽アイゼン・ストックなどをお持ち下さい。
雪はまだしばらく残りそうです。

登山道の花はコバイケイソウが一気に咲き始めました。
今、槍沢ルートで一番目立つのはこの花かと思います。


  
   (の)



~おまけ~

(の)は野田の「の」です。
野田がこの記事を書きました、という意味です。
同じく(つ)は鶴見、(む)は村田先輩です。
山荘に来た方から質問されることが多いので、ここに正解(?)を載せておきます。
これからもよろしくお願いします!

2009年7月24日

 今日もまたガスの1日。時々ガスが開くときがあり、その隙にうまいことヘリでの荷上げが終了しました。
 写真は朝4時すぎの食堂です。寝ぼけた頭で食事の準備。新人やアルバイトも少しずつ馴れてきています。
 今はまだ不安定な天気ですが、夏らしい天気になれば、この食堂からも綺麗な朝日を見ることができます。

2009年7月23日

 今日は荷上げの日なのですが、視界があったのは午前10時頃まで、そのあとは
ガスの中となってしまいました。明日、何とかヘリが飛んでくれればいいのですが。
そういう状態なので、写真は先日の夕陽です。夕陽と共に写るのは、新しく設置した風力発電機'エアドルフィン'。飛騨沢から揚がる風を受け、オガクズトイレに電力を供給しています。

2009年7月22日

今現在の山荘前から見る、槍沢の状況です。

当山荘~殺生間は夏道が出ています。
その下は写真でもわかるように、雪融けが例年より遅いせいで残雪があります。
徐々に減ってはきていますが、雪が硬く締まっているので今週末にもまだ残っていると思います。
槍沢経由で槍登山を計画されているお客様で、雪渓歩きに不安な方は軽アイゼンの準備をおすすめします。
山荘売店にも軽アイゼンは販売していますが数に限りがあります。
売り切れの際はご了承下さい。

   (む)

2009年7月21日

おはようございます。
昨日はこんなに綺麗な夜明けが見れたのに、今日はまたガスと雨に包まれてしまいました。
 ここ2、3日、山荘の売店で売られている軽アイゼンが馬鹿売れしています。
槍沢方面はまだ雪渓を歩かなければいけない所が何ヶ所あります。
雪道に不安がある方は、それなりの準備をお願いします。

   (つ)

2009年7月20日

休憩時間の30分で小槍に登ってきました。
というのは嘘で、小槍の取り付きのコルまでキャプテンと久々にお散歩デートしてきました。
去年の今頃は休憩時間はいつもお昼寝してましたが、今年はアクティブにいこうと思っています。
これからは槍ケ岳山荘クライミング倶楽部の活動にもご期待下さい!

   (クライミング倶楽部一同)

2009年7月19日

今日もまた、強風と雨の一日。こんな天気の中、山荘まで来ていただいた皆さん、本当にご苦労さまです。皆さんブルブルと震えていました。フロントで待つ我々は、ご予約の方(特に縦走してくる方)が無事に到着するのか心配な1日となりました。
 こんな天気なので、今日も小屋内の写真です。キッチン槍の新商品のマフィン。パンと共によろしくおねがいします。

2009年7月18日

ネタ切れの野田を助けてくれたのは東京慈恵会医科大学の先生方です!
夏の間、山荘すぐ横の診療所で多くの登山者のことを診てくださる、大変頼もしい方々です。
本日、雨風強い中、山荘まで歩いてきてくれました。
本年度は7月20日~8月20日の期間、開院しています。
利用者が少ないことが一番ですが、もしものときは遠慮なく診察を受けてください。
・・・僕も去年お世話になりました。


  (の)

2009年7月17日

さあ、いよいよ連休が始まります!
スタッフも全員揃い、受付、売店、厨房と、お客様を受け入れる準備はバッチリです。
明日から槍ケ岳山荘名物のパンも焼きますので、楽しみにしててください!!
販売はだいたい朝の6時からですが、日によってはすぐに売り切れてしまいます。
その時は申し訳ありませんが・・・焼きたての香ばしい匂いだけでガマンしてください。


  (の)

2009年7月16日 お・ま・け

2009年7月16日

登山者の数が増え、高山植物も次々と花を咲かせ、「夏が来たな~」と感じます。
写真に夢中になりすぎてしまい、一緒に歩いてたスタッフに置いていかれました(笑)
急いで追いつかなくちゃ!と思い、急ぐのですが、足元に花があってまた立ち止まってしまい・・・
他の登山者の方も花や景色を楽しみながら歩いていました。

今年は残雪が多いので、アイゼンやストックがあると歩きやすいです。
雪は大曲~殺生ヒュッテ間にありますが、徐々に夏道が出てきています。
槍ケ岳の撮影スポットのひとつ、天狗池はまだ雪の下です。
もう少々お待ち下さい!


   (の)

2009年7月15日

昨日の夕方から、またまた風が強まり、今日は1日ガスの中・・・
たま~に槍の穂先が見えていました。
そんな中、大天井ヒュッテ支配人の小池さん(写真中央)が、北鎌尾根の偵察帰りに来荘しました。
昼食をとって、休憩もそこそこに東鎌尾根経由でヒュッテに向け、出発しました。
帰り際、カメラを向けるとこんなにもお茶目なポーズをしてくれました。
「この写真使うなよ~」っ言われていましたが、使います。ごめんなさい(笑)

大天井ヒュッテは北アルプス表銀座の中間にあり、近くの牛首展望台から見る、槍・穂高の夕焼けは本当に綺麗です。
お勧めです!!

少し遅れましたが、今年も山荘のお母さんこと、岩淵さんがやってきました。
初日から、元気一杯!山荘内が一気に明るくなったような気がします。
私達の大大大先輩でもあるお母さんに、毎年刺激を受け、勉強させてもらっています。
そんなお母さんに皆さんも会いに来て下さい。

   (む)

2009年7月14日

午前中に順調に荷上げが終わったので、11時過ぎから西鎌尾根の偵察に行ってきました。
連日の雨で雪渓はもうないだろうなぁと思っていましたが、思いのほか沢山残っていました。
雪が登山道を被っている場所は、千丈乗越を双六方面に15分ぐらい歩いた所に一箇所。
それから左俣岳から樅沢岳の区間にかなり残っています。
急斜面の雪渓のトラバースは千丈乗越を双六方面に15分ぐらい歩いた所と、硫黄乗越を上がった所の二箇所です。
また、左俣岳から樅沢岳の区間は長い雪渓が続き登山道を見失いがちになるので注意が必要です。
今のところ西鎌尾根は夏山登山気分で通るには少し怖い場所なので、通る際は軽アイゼンなどを持っていくことをおすすめします。

    (つ)

2009年7月13日

いや~悪天候がひたすら続きますね。
今日も一日中、風速20~30メートルの風が吹き荒れてます。
この調子じゃ飛騨側でもろに風を受ける従業員部屋では、今夜は風で窓が割れるんじゃないかというぐらい、うるさくて寝れないと思います。
でも、こんな天気もそろそろ終わりな気がします。
昨日の朝は少しの間でしたが、虹の全アーチが見れました。
明日は荷上げ。晴れてくれればいいのですが。

   (つ)

7月12日

カメラが追い付かないほどの勢いで仕事をするスピードスター中川。
彼女は繁忙期にフロント回り担当です。
山のようにある売品整理に追われて、このスピードを身につけたようです(笑)

近頃、天気が悪いおかげ?でフロント回りがみるみる夏モードになってきました。
こんなに売品の種類があると買うお客さんも迷ってしまうかも。

正直なところ、何種類あるんやろう・・・?

   (む)

2009年7月11日

久しぶりにお日様がでた今日は、午前中にグリーンバンドの雪切りに行ってきました。
作業の最中、目の前を砲丸玉ぐらいの落石が上からものすごい勢いで音もなく飛んできました。
たぶんあたってたら大怪我どころじゃ済まなかったと思います。
グリーンバンドの雪渓のトラバースは落石が転がってくるのではなく、飛んでくるぐらいの急斜面なので、通る際は十分注意してください。
本日の画像は雪切りとは全く関係ないのですが、今シーズンのオリジナル槍Tシャツです。
今年はカラーが増えました。
僕たちのおススメは今年のNEWカラーのクリーム×茶色のプリン系カラーと、黄緑×水色のショッキング系カラーです。
どのTシャツにしようか迷ったときは、ピンクのピチピチSサイズTシャツを着た
最寄りの鶴見か野田までご相談ください。

  (つ&の)

7月10日(大荒れの一日)

ゲロゲ~ロ。
両生類が嫌いな方、ごめんなさい。
今日、元気に外をイキイキと飛び回っている奴は、コイツぐらいでしょう。

今日は台風並みの強風&大雨。
上高地から休暇明けで登って来たんですが、出だしの上高地ですでにものすごい風。
その内、雨も降り出し、終いには、横殴りの土砂降りに・・・
歩いている際中でも「メキメキメキッ」と音をたててぶっとい枝が折れていました。

途中、何人かのお客さんと会って、この先の天気など事情を説明すると、槍沢ロッジに引き返す方もいらっしゃいました。

私はというと、どうにかこうにか昼過ぎに山荘に到着しましたが、今日ほど心が折れた日はありません。
引き返された方、次の機会をお待ちしております。

    (む)

2009年7月9日

雨男野田が今回も予定通り(?)プチ暴風雨の中、山荘に戻りました。
今日は自分のことを「晴れ女」だと言うアルバイトの小松さんと登りましたが、晴れ女っぷりは僕の前では無力だったみたいです。

さて、昨日のブログに花の写真のことが書かれてましたが、今日は山荘まで歩荷があり、一度荷物を下ろしてしまったらもう立ち上がれない感じでしたので、写真は撮れませんでした。
歩荷途中で応援してくれたみなさん、ありがとうございました!
大曲~グリーンバンドあたりでシナノキンバイ、ハクサンイチゲが咲き乱れ始めてました。
そんな訳で、本日の写真は少し前に山荘前で撮ったシャクナゲです。


登山道ですが、雪は大曲の少し手前から殺生ヒュッテさんあたりまであります。
以前雪切りに行った水沢のトラバースはほぼ雪がなくなっています。
グリーンバンドのトラバースでは切った道がなくなってました。
天候が良くなったらもう一度雪切りに行きますが、それまでの間に通行する方は十分気をつけて通過してください。


   (の)

2009年7月8日

 今日も雨の1日。外からけっこういい雨音が聞こえます。
そんな中、休暇中のスタッフが帰ってきました。かなりバテバテですが、前回の休暇時よりもスピードアップのようです。こんな天気では歩くしかないですから。
 さて、連日小屋内の写真ばかりですが、明日は期待してください。当山荘の雨男が帰ってくるので、きっときれいな花の写真を撮ってきてくれるはずです。

7月7日

ガスがここのところずーっとぬけません。
雨も降ったり止んだりが何日も続き、雨漏りするところもでてきました。
そろそろ綺麗な風景を載せたいとこなのですが、こんなぱっとしない画像ですみません。
Tシャツなど売品を入れる倉庫に常設の棚を作っているところです。
小屋内の仕事もたくさんあるのですが、ぼちぼち外仕事がしたい。

     (つ)

2009年7月6日

今朝お客さんが出ていって、がらんとした山荘内で消防訓練をしました。
金子が拡声器で怒られているわけではありません。
避難誘導の練習の最中なわけですが、必死さのかけらも見えないんですけど。
ただ消火器の使い方や、防火扉の位置、避難経路の確認などは万全です。
火事になっても、わたくし鶴見がみなさんをお守りするので心配ありません。

    (つ&す)

2009年7月5日

 西鎌尾根から北鎌尾根の雄姿です。
登山道の確認と補修のため、午後から小屋を出たのですが、双六小屋さんとの中間付近の左俣岳手前でタイムアップ。このまま突っ走りたかったところですが、帰宅予定時刻を守るためスゴスゴと帰ってきました。
 千丈沢乗越より双六側には数箇所雪渓のトラバースがありますので、十分な装備でお願いします。

2009年7月4日

今日は広い館内、スタッフが散らばり、
食堂大掃除・売品整理・土方仕事・配管修理・キッチン槍の立ち上げと、盛り沢山の1日になりました。

      ~夕方のキッチン槍にて~

みなさ~ん。やって来ましたよ!この季節が!!
「生一丁!」
キッチン槍の立ち上げ担当、槍のお祭り男、鶴見の手によって、今期1発目の生ビールが搾り出されました。
高地使用のサーバーのおかげか、鶴見の腕がいいのか、おいしそうに出来ました。

生ビールは明日から販売いたします。
スタッフ一同、生を片手にお待ちしております(笑)

   (む)

2009年7月3日

屋根につけているこの変わった形の装置は、襲雷警報器というものです。
雷雲が近づくと、山荘内につながっている警報が鳴るようになっています。
これからの時期は雷がよく発生するのですが、この警報器のおかげで雷に打たれる前に電話線やブレーカーを切り、山荘内の電気器具を守っています。
今日も昨日にひきつづきガスが多い日だったので、荷上げのヘリは飛ばないかなとあきらめかけた15時過ぎから徐々に視界が開け、暗くなる前までに怒涛の9便を終わらせました。

     (つ)

2009年7月2日

フン!フン!
鼻息が聞こえてきそうな、昼下がりの新人の金子。

今日はヘリの荷上げの予定でしたが、ガスったり、晴れたりなかなか安定せず
槍には飛べませんでした。
そんな悩ましい天気の中、今日は小屋の中に入れていた貯水タンクを2機、玄関横に移動させました。
この写真はそのときの様子です。
写真の表情からもわかるかと思いますが、このタンクが重いのなんのって・・・


小屋の周りにはこんなタンクのほか、ドラム缶にも水を貯めて、掃除に使っています。
水は貴重です。
小屋にお越しの際には、節水にご協力ください。

   (む)

2009年7月1日

槍の雨男野田。出動!!
今朝、明日のヘリ荷上げにのため、暴風雨の中下りていきました。
彼は普段は小屋で仕事をしていますが、荷上げがあるときには下界に下り、ヘリポートまで荷物を運んだり、そこで荷物をつくったりする、
通称「ヘリ番」という仕事もしています。
これから最盛期に向け小屋での仕事に加え、荷上げの回数も荷物の量も増えて忙しくなります。
9月までは月に2~3回は槍と下界を行ったり来たりしなければなりません大変ではありますが、重要でやりがいのある仕事です。


これから、上高地~槍ケ岳間にやたら日焼けしたこの雨男がよく出没しすることになりますので、見かけたら一声掛けてやってください。

    (む)

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

このページの先頭へ