page top
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

2009年6月30日

キャー!!もう明日は7月ですよー。
早いもんです。
グダグダ言っても最盛期は待ってくれません。
僕らもギアを入れ替えなくては・・・

そんなわけで、山荘も夏仕様に衣替えです。
キッチン槍横に去年お目見えした、雨宿りスペース。
大人4人(この時のフルメンバー)で、なんとか暗くなる前に組み立てることが出来ました。

この下で槍を見ながら、ビールなんていかがです?ウフフ。

    (む)

2009年6月29日

おはようございます。
ネットの調子が悪く、なかなか更新ができませんでした。

まだ雪も多く、ダウンを着たくなる程寒い日があったりもしますが、夏は確実に近づいてきています。
山荘周辺でも高山植物が咲き始めたり、夏雲がもくもくと出てきたり・・・。
山が多くの登山者で賑やかになるのもあと少しです。
短いけどアツい夏、とても楽しみです。



   (の)

2009年6月26日 おまけ

2009年6月26日

グリーンバンドの下にある滝見岩から名もなき滝を見ながら一休み。
天狗池あたりの雪渓から流れてるので、「天狗ノ滝」でいいですか?
写真ではわかりにくいですが、岩からはよく見えました。
横尾~大曲間ではオオバキスミレ、サンカヨウ、コイワカガミなどが見ごろになっていました。

登山道はババ平の少し先から残雪があり、大曲あたりでは雪が割れ始めているので、沢の中央付近は危険です。
左岸(上流から見て左側)を歩いてください。
この区間は夏道も半分くらい出ています。
大曲から先は雪道で、グリーンバンド付近では夏道が出てますが、そこから山荘までは雪道になってます。
なお、一部凍っているため、滑りやすくなっています。


  (の)

2009年6月25日

 今日は高曇りのまずまずのへり日和。
スタッフの数も少なく、大変かなと思っていたのですが、強力な助っ人がいました。今回板金屋さんが雨どいの修理に上がってきてくれたのです。何も言わずに荷物を運んでくれ、助かりました。
 さて、今回は夏に向けての荷上げ第一弾、積載オーバーのリヤカーも奮闘しました。

2009年6月24日

明日は物輸の日なので、ヘリで上がってくる荷物をスムーズに運び入れるため、倉庫の掃除や燃料の入ったドラム缶の整理、下げ荷作りなどをやりました。
そんな中、じゃまなユンボのアームを動かす村田の兄いを珍しかったので激写しました。
現在、山荘にいるスタッフは4人。
明日のために今日は早く寝ようと思います。

   (つ)

2009年6月23日

村田、鶴見、野田の3人でグリーンバンドと水沢のトラバース部分の雪切りに行きました。
去年は一人でやったので1日がかりの仕事でしたが、さすがに男3人でやると早い早い!
午後から始めて、あっという間に終わりました。
雪切りした場所は一人が歩く分には問題ないのですが、ここですれ違うのは少し危険ですので、通過の際は譲り合いでお願いします。

なお、槍沢ルートの最終水場である水沢は、雪が割れているので水を飲むことができます。
冷たくておいしかったです。


   (の)

2009年6月22日

いま立っている場所は大曲りとグリーンバンドの中間あたりです。
上の方はガスで先が見えません、連日続く雨で雪が融けボコボコ斜面でトレースもはっきりしません。
目印となる赤布のついた竹のポールも、毎日挿し直しているわけではないので一部なくなっている所もあります。
さてどこを目指したら槍に着くでしょう?
今までは、グリーンバンドに直登するルートに目印のポールを立てていましたが、雪解けが進み斜度が急になってきたため、写真右側にある夏道に行けるようにポールを立て直しました。夏道は部分的にでていますが、浮石や上部からの落石に十分注意してください。
直登ルートも登れないわけではありませんがポールは立っていません。

今日休暇明けで、どしゃ降りの雨とガスで20メートル先が見えない天候の中登ってきたわけですが、もし自分が今回初めて槍に登る登山者なら、どの方向に登ればいいか迷ったかもしれません。
通い慣れた道だと思っていましたが、いろいろな悪条件が揃うと、まったく別表情を見せる山の怖さをあらためて実感しました。

   (つ)

2009年6月21日(父の日)

水も滴るいい男!野田です。
今日の朝は雨。窓ガラスに打ち付けるほどの激しさでした。
そんな中、この男には雨どいから伸びるホースの養生をしてもらうため、朝一から外に出てもらいました。
ほんの10分でこんな感じに・・・
もう一枚、写真があったんですが、あまりの雨の激しさからか、口から糸を引いていたので却下しました。

ちなみに今日は父の日。
お父さん、野田君は頑張って男を磨いています。

   (む)

2009年6月20日

皆さん、空の虹わかります?

梅雨の貴重な晴れ間が広がり、僕らも久々に玄関前のテラスでお茶をしました。
今日は、富士山・八ヶ岳・美ヶ原・浅間山を眺めながらの贅沢なお茶でした。

明日から天気が崩れそうな予報だったので、今日も皆、外仕事を堪能しました。
案の定、夕方にはガスが出てきて、今は真っ白・・・
また、明日は小屋内作業に戻りそうです。
早く梅雨明けしないかなぁ。

   (む)

2009年6月19日

久しぶりに青空が広がりました!
この晴れのチャンスに布団干しをやったり、外仕事をみんなでやっています。
中川さんは昼休みに、入山後初の頂上へ。
最後の梯子を登りきって頂上に立った瞬間を撮りました。

~初登頂した中川さんのコメント~
「疲れました・・・
怖かったけど、念願の北鎌尾根も見れて、景色も最高でした↑↑↑
お花も咲いていましたよ!病み付きになりそうです。」


   

   (の)

2009年6月18日

一体いつになったら、晴れてくれるのでしょう・・・
今日はガス&強風の1日でした。
最近は小屋の中に引きこもって仕事をしているので、正直病んでいます。
今日は夏に向け、客室作り。外に出れない分、中の仕事ははかどっています。

写真は3日前に大曲からババ平方面を撮ってみました。
ようやく、このあたりにも春がやってきたようで、緑が綺麗です。
でも、ここから上はまだまだ残雪がたっぷり。
東鎌尾根や、大喰岳方面からの落石もいくつかありました。
気持ちよくスキー・スノーボードをやるのは、もう厳しいかもしれません。

   (む)

2009年6月17日

今日はブログのネタがないなぁと思っていたら、友人が遊びに来てました。
「ブログに載ってみませんか?」と聞いてみたら、全員快く写ってくれました。
ありがとうございます!

午前中の天気はイマイチでしたが、午後からは若干回復したため、山頂からの景色を楽しんでいたようです。
山頂にいる姿を見ながら僕は雪かき。
なんだか見られている気がしたので、いつもの3割増しくらいで頑張りました。


   (の)

2009年6月16日(嵐のちのち・・・)

2009年6月16日(嵐のち・・・)

2009年6月16日

キラーン!と雪だるま完成。
今日の夕方、空がなにやらゴロゴロ・・・
いきなり、ドシャーっとあられが降り出し、おまけに雷も近くでビカビカ。
あっという間に、小屋の周りは白くなりました。

30分ほどで嵐はおさまり、今は静かな夕暮れ&雲海です。
6月も半ば。それなのに3000mの天気は冬になる瞬間もあるなんて、
なめたらダメですね。

  (む)

2009年6月15日

朝イチで南岳小屋に向かう3人。
南岳小屋は槍から穂高方面にある一番近い小屋ですが、往復すると時間がかかるため、休憩時間だけだとなかなか会いに行けません。
次はいつ会えるかな?と思いながら見送ってましたが、風が冷たくて、見送りもほどほどにすぐに山荘の中に入ってしまいました。

いってらっしゃい!!!




   (の)

2009年6月14日

この花は・・・ショウジョウバカマでしょうか?
自信が持てないようではお花博士になれるのはまだまだ先ですね。
ババ平の近くでひっそりと咲いていました。



登山道ですが、雪はババ平の少し先から雪道です。
沢の中央付近はいつ割れるかわからないので、目印の竹竿が刺さっている左岸側を歩いてください。
それと落石にも十分気をつけてください。
雪の上を転がる岩は音もなく転がってきます。

グリーンバンドは岩が出ているので、天気がいい日は槍の穂先を見ながらのんびり休憩できます。





  (の)

2009年6月13日

 朝というか昨夜からガスの中。
雨は一時的に降っていただけなので小屋周りの雪かきをしても良かったのですが、
休暇中のスッタフが多いので、午前中は最盛期に向けての部屋掃除。
 小屋周りの雪かきはこの写真の下の辺りや、ちょっと深いところがあと少し。パソコンを置いてある部屋の窓の裏はまだ雪、ガッチリと雪囲いの板が挟まっていて光もさしてきません。
 明日帰ってくるスッタフに掘り出してもらい、そろそろ新鮮な空気を入れたいところです。

2009年6月12日

 昨日の雨とかなりの強風もおさまり、まずまずの朝。
その代わり、少し冷え込み小屋周りの水たまりには氷がはっています。
 昨日の暴風の中、やってきたお客さん、現在小屋直下の急斜面をアイゼンを効かせながら、慎重に慎重に下りています。
 と、小屋からの下りはまだまだ注意が必要。
 特に、ネタもないので今日はこの辺で。

2009年6月11日

 シトシトと雨の降っている中、新人の佐々木君、休暇下山です。
青いカッパが、少し白くなっていますが、これは昨日の仕事の成果。
セメントをこねていたらこうなったのですが、佐々木君は下山中雨に打たれて
カッパを綺麗にするそうです。ちなみに写真の端に写るのは雨男、今日昼から休暇下山です。
 さて、いよいよ梅雨入り、これからどんどん残雪もとけ、高山植物も顔を出してくるでしょう。
 最盛期に向け、気合を入れて仕事をしなければ!

2009年6月10日

午後からガスと雨もポツポツと降ってきました。
それでも午前中は高曇りだったので、小屋から頂上へ登るルートの浮き石チェック
にいきました。
 浮き石の処理はどこまでやれば良いのか難しいところですが、極力現状を維持したいものです。(野田談)
 皆さん、万が一浮き石を落としたら、ラーク!!
とシャウトするのをお忘れなく。

2009年6月9日

今日の昼休み、孫槍に向かう野田とキャプテン。
ガスが時折たちこめ風も強い中、トップを任された野田が奮闘しましたが、あと一歩のところで午後の仕事の時間がせまり勇気ある敗退。
さすがに野田のトップじゃ一時間以内に戻ってくるのは無理か(野田談)

   (つ)

2009年6月8日

今夜は自分の巣で寝たくないのでしょうか?
先程、殺生ヒュッテさん方面を見つめる雷鳥さんに会いました。
写真の左中央の岩の上にいるのですが、見えますか?

この子は山荘付近にお住まいのようで、最近よく見かけます。
天気が少し悪い日の朝と夕方にいることが多いです。
「グエ~」と鳴き声が聞こえたらシャッターチャンスかも。


  (の)

2009年6月7日 おまけ

孫槍へ行ってきました。
立っているところが孫槍のピークです。
腰が引けてるわけじゃありません。
セルフがここまでしか伸びなかったんです。

2009年6月7日

5月27日のブログで廃材回収の画像を載せましたが、今回はその残りの分で、ぶっとい角材を担ぎ上げました。
昼休みにキャプテンと大喰岳の斜面を滑りに行った帰りに、テント場から落ちたと思われる角材を二人で運んだわけですが、上の方から見たときは小さく見えた角材は、近くで見ると予想以上にでかく、キャプテンと楽しいデートだったはずがとんだめにあいました。
ちなみに今回はエンジェル野田は助けに来てくれませんでした。

  (つ)

2009年6月6日

いや~、気持ちイイっす!!
久しぶりにおてんと様が顔を見せてくれました。

この貴重な晴れの日を逃す手はない!
ということで、朝から館内の窓という窓を大解放して、湿っぽかった館内の空気を入れ替えました。
おまけに、客室の布団&自分達の布団も干せて、ホッカホカですよ。

そんな忙しい朝仕事を終え、10時のティータイム。
天気がいいので玄関前のテラスでまったり。
このユル~い時間が一番好きです。

今日はホカホカの布団で良い夢みるぞ! グフフ・・・

   (む)

2009年6月5日

昨日、歩荷に出たときに槍を激写!!
でも、1日歩いていたにもかかわらず、撮ったのはこの一枚のみ...
僕には、立ち止まってカメラを出す余裕はありませんでした。
ただひたすら前に進むのみ。ある意味「無の境地」でした。

写真を撮った場所は、グリーンバンド。標高2500m付近です。
ご覧のように、ここから槍までは雪がベッタリ付いています。
この下も、ババ平までは雪があります。
まだまだ、アイゼン・ピッケルは必要です。

今、新緑は槍沢ロッジまで来ています。
これから梅雨に入ると、木々たちの緑は濃くなり、新緑前線が上がってくる季節です。

(む)

2009年6月4日

今朝、職人さんの工具などを新村橋まで歩荷した村田の兄貴が先程帰ってきました。
ちなみに、この荷物50キロはあります。
下りとはいえズボズボの雪の中、この重さの荷物を下ろし、さらに山荘までその日のうちに戻ってくるのは大変なことです。
帰ってきてからも黙々と働く先輩をみて、やっぱ先輩はすげーな、一生ついていきますと心の中で思いました。
ま、ここで褒めちぎっても、なにもでないので褒めるはこのへんにして、自分も負けてらんねーと思う今日この頃でした。

    (つ)

2009年6月3日

寒いー!!
そんな声が聞こえてきそうな表情な、板金職人の滝沢さん。
何かとお世話になっています。
今回は屋根の修理&外壁の張替えなどをやってもらうために、暑い下界から昨日ヘリで来荘しました。

昨日はまずまずの天気だったのですが、今日は小雪が舞う寒い1日になりました。
そんな天気でも、そこは職人。
黙々と仕事をこなします。

少し暇が出来たら遊んじゃう、僕は見習わなくては...

   (む)

2009年6月2日

昨日のブログで書いたように今日は荷揚げがありました。
通常の食材等に以外に、貯水用タンクが2つ上がってきました。
東邦航空の営業の方の指示を受けて、スタッフ総出で狭いスペースに見事にピンポイントで設置することができました。
本当は動画で撮っていたのですが、残念ながら載せられませんごめんなさい。

  (す&つ)

2009年6月1日(お・ま・け)

2009年6月1日(午後の巻)

昨日・一昨日の穴を埋めるべく、本日2度目の更新。
けっして、暇なわけではありません。

明日のヘリ荷揚げに合わせて、小屋で出たゴミなどを下ろすので、午後はその荷作り。
天気は相変わらず、ガスったり晴れたりで安定しませんでしたが、皆でワッショイワッショイ、へリポートまで下ろすものを運びます。
我らが支配人も
「おい!鶴!写真撮ってないで、さっさと運べよ!」
と、カメラマン鶴見に激を飛ばしながら、率先して重いものをチョチョイと肩に乗せ、運びます。


明日の天気はどうかな?晴れてくれますよーに。
(支配人が持っている荷物は50キロぐらいあります)

    (む)

2009年6月1日

2日間インターネットがつながらず更新できませんでしたが、やっと復旧しました。
ここ5日間ぐらい晴天に恵まれず、ずっとガスの中で雨やみぞれが降ったり止んだりの天気でしたが、今朝はすっきり青空が広がったので、じめっとした空気を一掃すべく、すべての窓を開け放ち、久々に布団干し。
屋根一面に布団を敷きつめてから一時間ぐらいで、天気が怪しくなり、そそくさと回収。
あー今日の昼休憩は青空のもと屋根で干されて暖かくなった布団で昼寝するという至福の時間を過ごすはずだったのに...

  (つ)

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

このページの先頭へ