page top
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

2009年5月29日

山荘一、綺麗な花が似合わない男がこんな写真を撮ってきてくれました。

「オオバキスミレ」というスミレ科の花です。
山に咲く黄色のスミレは10種類以上あるそうです。
槍沢ロッジより少し下にはこの他にも、沢山咲いていたそうです。

昨日・今日と、梅雨のような天気ですが、雨に濡れた花も艶っぽくて綺麗です。

人も花も、潤いが大事ですね。

    (む)

2009年5月28日

昨晩から暴風がおさまりません。
この風に乗って飛べそうな気がしたので、ストーブのそばでぬくぬくと仕事していた金子くんを外に連れ出し吹き飛んでもらいました。
今日はスタッフ全員、小屋内で縫い物や売店の品物の包装などをして、ゆったりムードな1日でした。

  (つ)

2009年5月27日

「重てぇ~!なんすか?これ」と嘆きながら山荘直下の急斜面を登る野田です。

昨日の昼休みに大喰岳に散歩に出かけ、山頂からの景色を堪能していると、下の方に何か四角い黒いもの発見!!
ジャジャ~っと滑り降りて近づくと・・・木の戸?の残骸。
おそらく冬の間に風で飛ばされたのでしょう。

見なかった事にしてこのまま帰ろうか、どうしようか・・・?
しばし悩んだあげく、回収することにしました。

暑さと、残骸の重さにグロッキーだったところに、見かねた後輩が下りてきてくれました。
野田の黒光りした顔が、この瞬間だけはエンジェルに見えました。

    (む)

2009年5月26日

ただいま厨房でお客さんの夕食とスタッフの夕食作りで、てんやわんやの新人、中川さん。
山荘に来る前は、ボーダークロスを海外で修行していたらしく、時々その負けん気の強さとあたりの強さを垣間見ますが、いつもはかわいい女の子?です。
小屋で唯一の女性なのでいろいろ大変なことも多いと思いますが、他の新人の男共をその調子でぐいぐい引っ張っていってほしいものです。

    (つ)

2009年5月25日その2

写真は昨日の赤沢という所です。
槍沢ロッジ~ババ平にある沢なのですが、10日ぐらい前に沢上部から大規模な土砂を伴った雪崩が発生しました。

ご覧のように沢は土砂と雪で埋まってしまいました。
夏場の様子をご存知の方はビックリされると思います。
何度も通っている僕も目を疑いました。

現在は、槍沢ロッジスタッフの手で、目印ポールが立てられています。
通行には問題ありませんが、足元が雪・石・砂利ですので注意が必要です。
通過の際は、沢上部にも注意を払いながら横断してください。

2009年5月25日

今日も気持ち悪いラブラブのふたり。
次回の物輸で上がってくる予定の貯水タンクの設置場所を掘りました。
久しぶりにふたりっきりで雪かきしたので少し燃えちゃいました。
深さ3メートル縦横3×6メートルぐらいのスペースをちゃちゃっと堀り上げ、息の合っているところを見せつけたふたりでした。(だれも見てませんが。)

    (つ)

2009年5月24日

~ある日の山荘前での出来事~


「グエ~~~~!!!」

縄張りに侵入してきた相手に向かって威嚇をしている雷鳥クンです。
侵入者は窓に映った自分です。
そのことに気が付かない雷鳥クンは窓に映る自分の姿に向かって一生懸命威嚇し続けた後、諦めて近くの岩へトボトボと歩いていきました。



現在、雪が降っています。
もう5月下旬なのにこの寒さ。
ここは最高の避暑地です。

  (の)

2009年5月23日

ここ最近、雪かきがアツい場所、「中庭」です。
中庭と言っても貯水タンクがいくつもあるだけです。
現在、5個のタンクが貯水可能となり、ここに眠るタンクはあと3個!
しかしその3個を掘り出すにはタンクの上に乗っている約4mの雪をどかし、さらに2mほど掘ってコックを閉めないといけません。
掘った雪はもちろん屋根へ投げ、溶かして水にします。
日に日に顔だけ真っ黒になっていく山荘スタッフたち。
新人くんたちも山男っぽくなってきました。


   (の)

2009年5月22日

厨房の床の板に穴が開いてしまっているので修理をしてる野田です。
切る場所を若干計算ミスしてしまい、予定より少し穴を大きく広げることになってしまいした。
修理って難しいなぁ。
あとは新しい板を切ってはめるだけなので、午後イチの仕事で仕上げます。
それが終わったら外扉の雨雪対策の為の補強が2箇所と冬季小屋、乾燥室の修理・・・
外仕事ができない日は、中でやる仕事がたくさんあります。


  (の)

2009年5月21日

青空ではありませんでしたが、360度の大展望!
遠くの白馬岳や富士山、御嶽山などもバッチリ見えました。
今まで僕が立ったピークの中で、一番のお気に入りが槍の穂先。
何回登っても飽きません!
去年は朝、昼、夕方と、1日に3回登った日もありました。
今年も時間があればいっぱい登りたいです!





山荘~穂先の状況ですが、ルートの一部に雪が残っているためアイゼン、ピッケルは必要です。
ハシゴ、鎖は問題なく使えます。
山頂は風があるので、防寒着を忘れずに持っていってください。


   (の)

2009年5月20日

支配人と一緒に西鎌尾根にあるニセ槍に登ってきました。
ニセ槍はずっと気になってたので、登る機会とビレイをしてくれた支配人に感謝です!
なお、ニセ槍には浮き石だらけで、登山道もありませんのでご注意してください。




~19時の交通情報~

通行止めになっていた上高地公園線ですが、予定より1日早い21日の朝6時30分から通れるようになります。
私、野田が笑顔でお待ちしております。

ニコッ


   (の)

2009年5月20日

残雪を利用してキシラデ(木材保護塗料)を塗る作業をしています。
塗っている場所は雪がなくなると地面から6mくらいの高さになります。
そうなると少し危険な作業になってしまうので、今のうちからやっておくのです。
このキシラデ塗り、一見簡単そうに見えますが塗りムラができやすいので意外と難しいです。
塗り終わって少し離れた所から見ると、うまく塗れてなかったりします。
しかし今回作業してくれたのはベテランの佐藤さん。
綺麗に仕上げてくれました。



     (の)

2009年5月19日

早起きして大喰岳に行ってきました。
もっと真っ赤に染まるかな?って期待してましたが、残念!
しかし、北アルプスの夜明けのドラマを堪能できたから大満足。
唯一不満だったことはは自分のカメラのウデのなさです・・・。

昼休憩には穂先に行く予定でしたが、休憩時間のときだけ天気がいまひとつになり、諦めました。
明日があるさ、明後日があるさ、いつでも登る機会がある小屋番は諦めがとても早いのです。


   (の)

2009年5月18日

夕方にはこんな綺麗な景色が見れました。
寒いのを我慢して外に出てよかった!!
明日も天気がいいみたいなので、久しぶりに穂先に行ってみようかなって思ってます。
今回はどんな景色が頂上で待っているのか、今から楽しみです。



上高地の通行止めの件ですが、5月22日の10:30から通行止め解除の予定です。
槍沢ルートの現在の状況は、ババ平から上が雪道です。
朝晩は雪が締まって滑りやすくなってますので、歩く際は十分に気をつけてください。
 

   (の)

2009年5月17日

朝からテンション上がらない雨模様...
というか、暴風雨でした。
休暇明けで、登ってくる予定だった、スタッフも途中で引き返すほどの天気でした。

そんなわけで、小屋に残ったスタッフは外に出るわけにもいかず、小屋内の作業です。
今日は、普段手を出さない米炊き用のかまどの補修をしました。
写真の野田と2人で、
「モルタルってこんな硬さでいいの?」
「いいんじゃないですか?」
「顔に塗ってみていい?」
「・・・ダメです。」
なんて言いながらも、半日がかりで終了しました。

夏には、フル稼働するこのかまど。
素人仕事の補修で耐えれるかどうか...今から心配です。

     (む)

2009年5月16日

ん~なんとも殺風景な写真です。
土曜だというのに、ひとっこ一人いません。
お昼ごろから雪もチラつき、雪かきもほどほどに午後からは館内のワックス塗り。
窓が開けられないので、ワックスの臭いが充満してますが、これで誰かさんの足の臭いも紛れますね。

話は変わりますが、ニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、現在、釜トンネル~大正池間で起きた落石事故で上高地公園線が通行止めとなっています。
復旧作業が行われていますが、通行止め解除がいつになるかは、まだわかりません。
新たな情報が入り次第、ご連絡したいと思います。

なお、岐阜県側の新穂高温泉からは入山が可能です。

    (つ)

2009年5月15日

「明日から天気が崩れるから今日中に仕上げてね。」
支配人からのプレッシャーに少し焦りながら、冷凍庫から外に出る扉の修理をしました。
山荘の中を雨、風、雪から守ってくれる大切なこの扉。
釘を抜き、古い板を外し、新しい板を切り、ビス止め、隙を見て写真撮影をしつつ防腐剤を塗って完成!
なんとか夕方に仕上がりました。
間に合ってよかった。

自信作ですが、もし山荘内が雪まみれになったら・・・僕のせいでしょうか?


  (の)

2009年5月15日モーニング

おはようございます。
昨日はどういう訳か、通信状況が悪く更新できませんでした。
今朝はバッチリ回復!ひと安心。

この日は1日小屋内作業。夏前までの恒例作業、床のワックス塗り。
写真は食堂です。1度に全部は塗れないので半分づつやっています。
塗りムラがあると、すぐ先輩鶴見のチェックがはいるので、新人2人もシンナーの香りで少し気持ち良くなりながらも、頑張っています。

これから食堂のほかにも、館内の廊下など塗りまくっていきます!
館内、シンナー臭い時があるかも知れませんが、ご了承ください。

     (む)

2009年5月13日

休暇と上高地のヘリポートからの荷揚げが無事に終わり、雨男が雨とガスの中、槍ケ岳山荘に戻りました。
野田の雨男っぷりは今年も健在です。
そんな雨男ですが、横尾~槍沢ロッヂ間にある槍見河原から槍ケ岳を見ることができました。
上高地から歩いてきて初めて槍ケ岳が見えるこの場所。
写真中央のとんがり山が槍ケ岳です。
槍ケ岳って遠いなぁと、改めて思いました。


さて、登山道ですが、雪は槍沢ロッヂの少し下あたりから残っています。
ロッヂから上ではまだ沢は見えてませんが、大曲付近では雪が割れ始めています。
歩く際は気をつけてください。
登山道の目印の竹竿は山荘までまだしっかり残っています。

雪の状態は日々変わりますので、登山予定の方は情報収集、装備の確認などをしっかり行ってください。

(の)

2009年5月12日

どんより曇り空...

天気が良かったのは、午前中まで。だんだん雲が広がり、今(17時半)は久しぶりに雨が降っています。
久しぶりというか、入山してから雪以外のものが降っている光景を見るのは初めてかも!

写真は、昼休憩に大喰岳山頂に出かけた支配人が、穂高方面を撮ったものです。
稜線はまだ雪が残っています。雪庇も所々見えます。

写真の奥に、乗鞍だけがスポットライトを浴びたように、日が射していて面白いですね。

      (む) 

2009年5月11日

本来なら、この赤いドラム缶を吊っている先は東邦航空のラマというヘリコプターなんですが、なぜ縦構図で写真を撮らなかったトップガン金子。
ヘリが写ってないから、なんだか間抜けな写真になってしまったじゃないか。
 というわけで、今日は荷揚げがありました。
へりで運ばれてきた数百キロの食材やら燃料などをひたすら小屋の中に運ぶのですが、ここ2、3日暖かかったため、荷物を運んでいる最中に雪にズボズボはまりながらの作業でした。
しかし、荷物を上げてくるラマの姿は何度見てもかっこいいんだなー

  (つ)

2009年5月10日

全国のおかあさ~ん、ありがと~!!
そう、今日は母の日です。
僕は何かしてあげたためしがないんですけど...

お母さんに感謝しながら雪かきしてるかわかりませんが、ルーキーの金子です。
サングラスが激シブです。

誰が呼んだか、トップガン金子。振り向き様をパチリ!
明日も頼むよ。

    (む)

2009年5月9日

一日中ぽかぽか陽気だった今日は、テラスで優雅にお茶をしながら、久々に忘れかけていた冬以外の季節を感じました。
その後は、待ったいましたピーカン雪かき祭り!
見てください、この笑顔。
これがあるから小屋番はやめらんねーぜ!といわんばかりじゃないですか。
こんな日が毎日続けばいいなぁ

    (つ)

2009年5月8日

今日も朝からガスで真っ白。
「早く晴れないかなぁ」って誰かがボヤいていました。

そんな中、スコップ隊は黙々と雪かき雪かき雪かき...
誰も喋りません。
そんな重苦しい空気の夕方5時過ぎ、ガスが急に晴れてビューチフルな景色が!!!
スコップをカメラに持ち替えて、皆で撮影大会。

腕は必要ありません。景色が良すぎるんですから。

      (む)

2009年5月7日

皆さん、おはようございます。

朝起きて、玄関前を見ると吹き溜まりの海でした。
昨日ユンボで除雪してもらったところも1m以上吹きだまっていました。
街はこれから新緑の季節だというのに、信じられないですよね。
山ってスゴイ!!

この写真の真ん中に映っている黄色い塊は人です。なにを隠そう2年目、元気印の鶴見です。
屋根からフロントフリップ(前方宙返り)を決めてもらいました。

    (む)

2009年5月6日

ゴールデンウィークも今日まで...
皆さん、いかがお過ごしでした?
天気にも恵まれ、ETC効果もあいまって、行楽地は賑わっていたようですね。

我が山荘も、連休中多くの登山者が訪れ、久しぶりの忙しさを感じていました。
そんな忙しいピークも過ぎて、いよいよ私達の休暇が交代で回りだします。
今日はその第一陣、2年目の野田&ルーキー佐々木。
見てください、野田のこの憎たらしい顔!
「早く行けよ」と言われながらも、2人の足取りはルンルンでした。
それぞれ、下界で英気を養ってくることでしょう。

     (む)

2009年5月5日

冬の間はずしてあった北アルプスブロードバンドネットワークのライブカメラの仮取り付けをしました。
去年取り付けたときは、足場が悪くはしごがかけられない場所だったため、地面から5,6mの高さにある窓から身をかなりのりだして取り付けなければなられない危険な作業でしたが、今回は雪が積もっていたため、雪の上に立ち楽に取り付けることが出来ました。
雪があるうちに、外壁の防腐剤塗りもできれば楽でいいなー。

    (つ)

2009年5月4日

今年もやってきました、えり布を布団に縫い付けるこの作業。
誰が呼んだか、通称エリーゼ。
布団の1番汚れる箇所をガードするため、小屋内のかけ布団一枚一枚に手作業で赤い布をまつり縫いしていきます。
日頃の雪かきで真っ黒く雪焼けしたスタッフが、ストーブの近くで縫い物をしている姿は少し笑えます。
今度、槍ケ岳山荘に泊まる機会がありましたら、そんな体力自慢達が縫い付けたえり布の縫い目にも注目してみてくださいね。

    (つ)

2009年5月3日

イギリスからスキーツアーで15人の皆さんがやってきました。
有峰方面から入山し、槍ヶ岳、今日は横尾を経て涸沢に向かうようです。

ご飯をいっぱい食べるかな?と思い、いつもより多めに炊いていたたら予想より少食。
日本食はあまり口に合わなかったのでしょうか・・・
そのかわりビールとお菓子はバカ売れ!!

出発前に写真撮影をお願いしたら笑顔で写ってくれました。
ぜひまた来てください
もう少し英語の勉強をしておきます!

See you again!!!!!!!


   (の)

2009年5月2日

ジョロジョロジョロ・・・
皆で屋根に投げた雪は、このホースを伝ってタンクに流れてきます。
なんとも頼りない音ですが、入山から約2週間
僕らが小屋内の清掃、食事などすべての仕事が出来るのも、この槍ケ岳の天然水のおかげなんです。
もちろん、お客様の食事を作る際にも使っていますよ。

ありがた~い水です。お水様様ですね。
      
       (む)

2009年5月1日おまけ

昨日から2泊で写真家の菊池哲男氏が来年の山岳情報誌の山スキー企画の取材で槍ヶ岳に来て、槍の周辺を「滑り倒し!」ています。
今日は午後から千丈沢へ。
写真は千丈沢で槍ヶ岳の裏側を滑る図です。
先般の猛吹雪からすでに5日も経過していますが、さすがに3000m峰の北斜面、いまだにパウダースノーが残っていて雄叫び上げながら滑ってしまいました。
槍沢・飛騨沢・千丈沢、そして明日は大喰岳から滑る予定です。
好天に恵まれた今年のGW、来年の記事の出来具合が楽しみです。

2009年5月1日

7人の雪かきサムライが休憩のため山荘内に戻ります。
サムライにも休憩は必要です。

この雪かきの目的は中庭に埋まっている水タンクの掘り出し。
掘り出した雪は屋根に乗せ、溶かして水にします。
現在、若干水不足。
タンクがなくても水がなくても私達は生きていけません。
だからサムライたちは日が沈むまで、スコップという刀をもち、雪と氷と闘い続けるのです。
  
    (の&つ)

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

このページの先頭へ