page top
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

7月30日

ガスが出たり雨が降ったり止んだり、なんとなくすっきりしないお天気です。
夕方には雷もなりましたが、梅雨明けを告げる激しい雷鳴は聞こえませんでした...。

7月29日

最盛期に突入してからは休憩時間も短くなり、なかなか外の散歩に出られなくなりました。
夕方、ちょっとだけ時間をもらって散策してみたらコマクサが咲いていました。いつもの場所にコマクサが咲いているのを見つけると、なぜか今年も出会えた喜びに感動してしまいます。今年も同じところにがんばって出て来たんだなぁ...

7月24日

昨日の夕方は雲海、ブロッケン、夕焼けと大忙しでした。
それまでがガスガスだっただけに、お客様も大喜び。
常念の頭だけを残して雲海が広がりはじめたと思ったら、今度はその横に槍の影がくっきりと映っていました。

7月20日

2日前、双六小屋まで西鎌尾根の偵察に出かけてきました。
まず、登山道はほぼ夏道が出ていて通行には問題はありません。
ただ、何ヶ所かまだ雪が残っていて夏道が途切れて、雪上を歩かなければいけないところがありました。
7月中にはその雪もなくなると思いますが、初めての方などは軽アイゼン・ストックがあれば楽だと思います。
ご自分の、経験と体力にあった計画を・・・

7月19日

夕方になってガスがはれ、雲の上に出ました。
稜線を縫うように流れながら進んでいく雲は、まるで岸に押し寄せる波のようにも...。
こんな高い山にいて、海をイメージする日本人はやっぱり風流ですね~。

7月18日

久しぶりの布団干しは、なんとかホカホカに仕上がりましたが、 午後はガスが一面を覆ったり視界があけたりのお天気でした。

7月17日

なんとスイカが届きました!しかもヘリの荷揚げじゃあないんです。

写真の手前に写っているのは、
毎年この頃になると小屋に顔を見せに来てくれるお姉さん。
実は去年、このお姉さんのテントが飛ばされて、それを山荘の主任が拾いにいったのです。テントは無事でしたのでそれで良かったのですが、なんとそのお礼にと今年はスイカを背負ってきてしまった!!スゴイ!!しかもテントも背負って。
「転ばないように気をつけてきました」と一言。
我々小屋の人間でも、ここまでスイカを背負うのには勇気がいります。
この根性を見習わなくては!

7月16日

台風一過!!・・・とはいかないまでも、今日は久々に青空も出てまずまずの天気でした。
何日か見ない間に、周りの山肌にも緑が多く見られるようになっていました。
私たちスタッフも何日かぶりに夕日に染まる槍の姿を眺める事ができ、急いで写真を撮りにでました。

7月15日

思ったほど風も吹かず、思ったほどの雨も降らずの???な台風でした。
せっかくしめた雨戸はあまり出番もなく...

7月14日

朝のうちは曇り空ではありましたが、風もなく視界も開けていました。
ガスが出てきて雨あしが少し強くなったのも3時をまわってから。
夜になって現在10時過ぎですが、今のところはひどい影響もありません。
台風一過の後の景色が楽しみです。

7月8日

昨日今日と、梅雨の晴れ間が続き日中も暖かでした。
久しぶりに小屋の周辺を歩いてみたら、ハクサンイチゲやミヤマキンバイが花を咲かせていました。

7月6日

稜線に取り付いたガスのおかげで、昨日今日と海の日前の大事な荷揚げができませんでした。
晴れそうで晴れない...う~ん...。
だれかこのガスを一息で吹き飛ばしてくれたらいいのに...。

西の空からガスが晴れだしたのは夕方7時過ぎでした。
明日こそっ!!

7月2日

一日雨...ということで、小屋の中の案内板を作成しました。
山荘は広いので、皆さんが迷子にならないための案内板です。
そのほかにも少しはげてきた壁を塗りなおしたり、やぶれた布団を修理したり...。
雨の日もけっこうやることが盛り沢山。

山小屋は、昔と比べたらずいぶん便利になったのだと思いますが、欲しいものが何でも手に入るわけではありませんし、ダメになったらすぐ捨てるということもありません。なので、必要なものを作ったり壊れたものを治したりということが、自ずと身についていくのです。

7月1日

朝のうちは晴れ間も覗き、布団や畳も干せるかも!と畳30枚、布団も60枚ほど屋根の上に放り投げたのですが...やっぱりダメ。ガスが流れ出し、1時間ほどで撤収となりました。
雨が本降りになる前にと、今度は雷警報器の設置。なんとか無事に設置できましたが結局雨が本降りとなり、みんなビショビショ。...なんだか今日はついていない一日でした。

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

このページの先頭へ