page top
槍ヶ岳山荘

槍ヶ岳山荘スタッフブログ

10月23日

朝から雨かと思っていたら、降り出したのはお昼過ぎから。それもかなり本格的ないい降りでした。小屋の中では厨房の片付けと使わない部屋の片付け(もうほとんど使いませんが)に追われスタッフ全員朝から晩までフル稼働。大きな小屋なのであちらこちらと動き回らなければならにので体はクタクタです...でもあと二週間!待ちどおしいやら寂しいやら複雑な気持ち。

10月22日

槍沢から上がって来るとグリンバンドの上に出たあたりで、突然はい松の下から白いものが飛び出してきました。びっくりしてみてみると白い冬の衣装を着た雷鳥でした。足元からほぼ全身あったかそうな真っ白い毛。雷鳥も冬支度です。さて私達も小屋閉めへ向けての作業に追われる毎日。お天気が良ければ小屋の外で、悪ければ小屋の中でチャっちゃと片付けて行きます。小屋の中には「小屋閉めカレンダー」なるものが掲げられ、日めくりでカウントダウンが始まりました。小屋閉めまであと14日。

10月13日

朝のキッチン槍。まるで窓がスクリーンみたいに、目の前の景色を映し出してくれます。コーヒーを飲みながら、やっぱり贅沢だわ!と再確認。さてさて雪も大分融けて、東鎌.西鎌.北穂からの縦走のお客様もボチボチお見えになるようになりました。昨日、今日とお天気も良く朝焼けも夕焼けも綺麗です。雪でダメになってしまったと思われた紅葉も、グリンバンド下のあたりはまだなんとか残っているようですから、いましばらく秋山(冬一歩手前の)を満喫できそうです。

10月9日

昨晩は月明りに誘われて、遅くまで景色を眺めている人が沢山いました。雪と岩のコントラストが美しく、穂先を見るといつもより大きく迫り来るような姿に圧倒されました。今日は一日快晴。願いどうり、青空に映える白い穂先を見ることができました。

10月8日

今年の初冠雪は思ったより本格的でした。例年、最初の雪は翌朝には消えてしまうことが多いのですが、今年は2日間降り続きました。積雪自体はそれほどではありませんが予想していなかったお客様は驚かれたことでしょう。今日はダメでしたが、明日は青い空に白く雪化粧した穂先が見えるでしょうか?山荘の玄関前では、10日に下山予定のアルバイト(石さん、晋さん、くまちゃん、お福)の4人が雪だるまを作ってお客様をお迎えしました。
明日からはお天気晴れの予報になっていますが、10月ともなれば今回のように雪が降ることも吹雪くこともありますし、晴れていても夕方になれば気温もぐっと下がります。十分な装備をもってお出かけください。

10月4日

槍沢の紅葉。槍沢から上がってくると、ババ平あたりからは赤沢岳の岩壁にある木々も赤や黄色に色づいていました。対岸の横尾尾根の中腹の斜面も鮮やかに染まり始めています。4月の真っ白な峰々、5.6月のまぶしいほどの新緑、7.8月は真っ青な空、そして9月から10月にかけての紅葉。山小屋生活はこんな感じで自然のうつろいと共にあるみたいです。

10月1日

朝はとてもキレイな朝焼けが見られましたが、お昼前には雨模様へと。みぞれ交じりの冷たい雨で、寒い一日となりました。朝のうち、千丈沢を覗いてみたら、赤い部分が大分多くなっていました。奥丸山への道も黄色と赤色がきれいに出ています。次の晴れ間が待ち遠しいですね。

過去のブログはこちら

山小屋案内

槍ヶ岳山荘

槍沢ロッヂ

南岳小屋

大天井ヒュッテ

岳沢小屋

このページの先頭へ