page top
あるじの視線

あるじの視線

香港パーティ

めずらしく香港からの団体さんが、北穂からいらしたので、Hpに載せさせていただきました。

初雪に驚いておられましたが、元気に出発されました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋到来 9月25日

秋雨前線が南下して、秋が急ぎ足でやってきました。
下界でも肌寒くなってきましたが、山荘では一昨日に、初氷が張りました。
紅葉もいましばらくで、始まりそうな気配ですが、空気の透明度が上がって秋を実感しています。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休最終日

最終日は、早朝から雨、9時ぐらいに止んで、ほっとしているとスタッフが、興奮して呼びに来ました。
慌てて飛んでいくと、西鎌尾根に久しぶりに滝雲がかかっていました。
デジカメで撮って、中判カメラを取りに行くうちにガスで閉じられてしまいました。
山の中の変化をどのように表現できるのか、爺さんは山の中では誰でも良い写真が撮れると言っていましたが、道半ばのまま、終わってしまうのか、おぼつかない状態です。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休中日の賑わい 2

19日は夕刻まで爽やかで赤く焼けた穂先から夕陽を楽しむ登山者が大勢いました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休中日の賑わい

秋の連休、槍ヶ岳も相応に賑わいました。
夏に天気の悪かった昨年ほどの勢いはありませんでしたが、爽やかな秋の槍ヶ岳を楽しまれる方たちが大勢登って来られました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

槍ヶ岳OB会 岳沢訪問

13日に槍ヶ岳OB会の皆さんと、岳沢小屋の看板を書いていただいた加藤木石先生の御一行に現地にお出かけいただきました。看板前の記念写真を送ります。

加藤先生は、以前槍ヶ岳山荘の看板を書いていただいた故中野大雅先生の御高弟であられます。

午前中には、南アルプス・中央アルプスに山小屋を持つ伊那市の職員の方が、岳沢小屋に来られ、宿舎や、トイレなど熱心に見学されて行きました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100914-01
坂本支配人と伊那市の皆さん

100914-02
加藤先生御一行

100914-03
OB会の皆さん

日の出を待つ

秋が深くなるにつれて、日の出の位置が南に下がってきます。
今日は、浅間山から登ってきました。
富士山や、南アルプスもきれいに晴れてシルエットが、素敵でした。
気温が下がってきていますので、暖かくして日の出を待つ必要があります。
ダウンジャッケットのほか帽子や、手袋も用意されたほうが、良いかもしれません。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100913-01

100913-02

第32回槍ヶ岳播隆祭

播隆上人の槍ヶ岳開山150周年を記念して始められた槍ヶ岳播隆祭も今年で32回目。
今年は、祠の更新もすることができました。
今年は、例年と少し変わって元山と渓谷編集長の神長さんをお迎えして、槍ヶ岳開山の今日的意義と中高年登山、最近の登山事情と題打ってお話をいただきました。
自然に対する謙虚さを失った中高年登山者の多発する遭難への警句や、山ガールに代表される若者の登山や自然への回帰とその育成の必要性など山岳ジャーナリズムに長年携われた実績をふまえたお話に200人ほどの参加者は、じっと聞き入っていました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100906

一瞬の輝き

今日はヘリコプターによる荷上げの日で、天気が良く順調に荷上げが終わって、午後からは例によって霧の中。
お客さんには、いずれ昨日のようにきっと霧は開けてきますよと言ってはいたが、自信があって言ったわけでなかった。事務室で松本の事務所と話していると、夕日がきれいみたいよとかみさんが言い出す。
慌てて電話を切って外に飛び出すと、夕日が穂先にあたって輝いていた。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100903

彩雲たなびく

今朝の日の出は、珍しく日の出前に雲が焼けました。
今年は、晴天が続くので珍しくもない日の出でですが、彩雲がたなびく空は、感動的でした。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100902

牛首展望台の夜明け

久方ぶりに大天井ヒュッテに行き、牛首展望台で夜明けを迎えました。
昨日南岳から、長躯してこられた山ガールのお嬢さんと小池支配人だけの参加者でしたが、刻々と変わる光と色の変化に感動を分かち合ったように思います。日中は、陽が強く暑い日が続いていますが、朝は、爽やかに晴れ上がって穏やかな風が、肌に優しく当たっていました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100901

このページの先頭へ