page top
あるじの視線

あるじの視線

フルートコンサート イン 槍沢

8月20日槍沢ロッヂにおける20回目のフルートコンサートが開催されました。
狭い小屋の談話室や廊下がいっぱいになり、桂姉妹と参加者の皆さんがすごく近い演奏会でした。
翌日、槍ヶ岳に移動する途中、旧槍沢小屋の石垣に群れている山ギャルに出会いました。
後で聞くと桂さんのお母さんの母校新潟中央高校の山岳部の皆さんでした。
インタハイの常連だそうで、22日には槍ヶ岳に登ってきました。
槍ヶ岳では、桂さんに、みんなで校歌を披露され、桂さんからフルートの演奏をプレゼントされて、思い出深い槍ヶ岳登山を楽しまれたようです。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100823-02

100823-03

チングルマ咲く槍沢

槍沢ロッヂでのフルートコンサートの後、南岳小屋へ天狗池の様子を見がてらでかけてきました。
池はまだほんの少し出ているだけで写真は取れませんでしたが、途中のチングルマのじゅうたんに感激しました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100823-01

夏草茂る

槍沢、天狗のコル登山道の夏草の茂る情景を送ります。

梓川沿いのしっとりとした林の中の風情も、すっきりと開けた岳沢天狗のコルへの登山道もそれぞれの違う味が楽しめます。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100819-01

100819-02

山葵沢の美味しい水

横尾から槍沢1の又に向かうと、山葵の自生する山葵沢があります。
同名の沢が、徳本峠への道筋とかにもありますが、どこもきれいな水が流れています。
ここでも美味しそうな水が滴っていますので、槍ヶ岳の生き返りに飲んでみて下さい。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100816

朝焼けと虹

8日朝、外に出ると丁度日の出の時間、日の出を夢中になって取っている最中、振り返ると虹が出ていました。
慌ててシャッターを押してみました。
虹は、あっという間に薄くなりそして消えていきました。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100810-01

梓川源流 槍沢の雪解け水 8月9日

梓川の源流 槍沢の雪解け水の写真を送ります。

一週間ほど前までは、雪が多くて軽アイゼンがあった方がよいとか言っていた雪渓も小さくなってしまいました。

雪渓を渡る風が、汗をかいた体に涼しく感じるようになっています。

下界の気温は、30度を超えるようですが、3000メートルの槍ヶ岳では、16度くらいですので、涼を求める登山者の方が、大勢いらしております。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100810-02

真夏の槍沢

槍沢を下ってきました。

大曲付近で高校生と思しき男子の一群が汗をかいて涼んでいました。

残雪が、白くまぶしいですが、すでに、歩行の邪魔になるほどではありません。

天狗池も、もうじき顔を出しそうな勢いです。


槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100804-01

100804-02

槍ヶ岳OB会 槍登山

8月2日恒例の槍ヶ岳OB会の槍登山があり、今年も大勢でお出かけいただきました。
毎年天気に恵まれ、登ってきていただいた皆様は、大変満足そうでした。
秋には、岳沢登山、新年には、ニュージーランドトレッキングを計画しているそうです。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100803

朝の槍沢

富士山や南アルプスも雲の中でした。
幾日も待った荷物がやっとへりコプターで上がってきて、お菓。子欠乏症のスタッフもほっとしたようです。
槍沢を見ると雪渓もだいぶ消えて、アイゼン等の必要はないようです。
最低気温も10℃を越える暖かな日となってきました。
2日朝の槍沢です。

槍ヶ岳山荘 穂苅 康治

100802

このページの先頭へ