page top
あるじの視線

あるじの視線

登山道に目印用の旗竿を立てました。

20日入山以来、除雪機の不調など些細なトラブルはあるものの順調に小屋開け作業が進んでいます。
今日は天気も良いので、槍沢の旗竿立てを行いました。
晴れている時は気持ちの良い槍沢の雪渓の登りも悪天時に霧に巻かれると何の目標物もない真っ白な雪原に代わり、方向感覚を完全に失ってしまいます。
槍沢では大曲りから槍ヶ岳山荘まで目印用の旗竿をおよそ20m間隔で立てていますので安心して登ることができます。
新穂高温泉側は27日に通称「宝の木」より上部に同じように旗竿立ての作業を行う予定です。
雪の少ないシーズンと言われていますが、4月に入ってから寒い日が続いているために稜線では例年よりも多いくらいです。
また、21日~22日に降った湿った雪やみぞれが稜線では完全に凍り付いていてアイゼン無しでは立っていられないような状況で、槍の穂先も例年以上に雪や氷が多い状態です。
槍沢や飛騨沢から槍ヶ岳山荘までのルートは特に問題となる状態ではありませんが、稜線を縦走したり槍の穂先を目指す場合は今月いっぱいくらいは十分に注意してください。

槍ヶ岳山荘 穂苅康治

070425-01

070425-02

今年も小屋開きの季節となりました。

今年も小屋開きの季節となりました。本当は21日の予定でしたが、天候が心配で20日に変更しました。風が強い中でしたが、視界は良く、槍沢ロッヂ,槍ヶ岳山荘ともに無事入山しました。
これから、雪かきや、小屋の乾燥、水の確保をして、27日には開業する予定です。スタッフ一同皆様のお出かけをお待ちしています。
雪は、昨年よりは少なめですが、雪は量の問題だけではなく、雪の硬さや様々な要素がありますので、装備は、例年どうりのものを用意されることをお勧めします。

槍ヶ岳山荘 穂苅康治

070420-01

070420-02

070420-03

槍沢偵察

今年も1日に恒例の槍沢ロッヂの偵察に行ってきました。
例年に無く雪は少なく、ロッヂの大屋根の雪も半分落ちていました。
横尾大橋の下流まで槍沢からの本流の水が流れていた事も、この時期には大変珍しいことでした。
半月ほどで、小屋開けに入りますが、雪かきが少なそうな感じでほっとしています。
槍ヶ岳山荘、槍沢ロッヂは、例年どうり4月27日より営業開始です。
今年もまた、宜しくお願いします。お出かけをお待ちしています。

槍ヶ岳山荘、槍沢ロッヂ 穂苅康治

070404-01

070404-02

このページの先頭へ